HOME | チャリティ | チャリティ募金先 | 認定NPO法人 国境なき子どもたち

認定NPO法人 国境なき子どもたち

活動内容

国境なき子どもたち(KnK)は、東日本大震災発生直後から岩手県沿岸部を中心に小・中学校の再開と継続のためのスクールバス22台や制服提供などの支援の他、3市町において計9ヵ所の公民館を再建修復してきました。また、陸前高田市においては移動型子どもセンター「走る!KnK子どもセンター」の運行を通じて子どもの居場所づくりを行ってきました。
震災から8年が経過し、岩手県釜石市、山田町では、公共・商業施設や復興住宅の建設、土地整備等、町全体的の復興計画は着実に進んでいます。一方で、仮設住宅撤去に伴う市町内外の移転など環境の変化は子どもたちに大きな影響を与えています。また、震災前からのローンに加え住宅再建・修復にかかる二重ローン問題や工事単価上昇などによる生活再建を目指す大人たちの経済的な負担も依然大きいと言えます。
KnKは、スポーツ設備・備品提供により保護者への経済的な負担軽減を通じて、子どもたちが安心して生活し成長できるよう支援を行います。また、これまで行ってきた公民館再建・修復支援を継続し、地域住民や子ども会が居場所を取り戻すことで住民が主体となって復興を目指す拠点作りを岩手県山田町において支援します。
 
第14回湘南国際マラソンを通じてお寄せいただくご寄付は、これらの支援活動に大切に使わせていただきます。 

岩手県釜石市内の野球スポーツ少年団の依頼を受け、新規格ボール(5チーム)と備品置き場(1チーム)を支援しました。(2018年)

 

「震災のときは4歳であまり覚えていないけど、大切な人も失い仮設生活もしました。今はお父さんお母さんのおかげで普通の生活、野球ができる事に感謝しています」
(前川浩葵(こうき)君/2018年当時小6)

 
GARMIN
大樹生命
日立システムズ
ALL SPORTS community
RANTEC
LUSCA
ALSOK
JA湘南
NIPPN