HOME | 湘南国際の取り組み | 市民マラソンサミット

第6回市民マラソンサミット

2019年5月10日(金)江の島ヨットハウスにて「市民マラソンサミット in 湘南」
市民マラソンとはどうあるべきかを問うサミットミーティングを江の島にて開催いたします。
 

開催趣旨

昨今のランニングブームにより、今や全国各地でフルマラソンの大会が行われており、毎年のように大規模マラソンが誕生しております。
新設大会が増えることは、新たなランナーの創出にも繋がり、地域の健丈化対策に貢献するなどプラス面がある反面、乱立する大会の生き残りのために、本来重視すべき競技運営の質が低下するなど新たな問題も増えてきております。
その問題に対して、各大会事務局が単独で立ち向かうのではなく、集まり・話し合い・解決していくことが、この市民マラソンサミットを開く最大の目的となります。
 

開催日時

2019510日(金)
  13:30~受付開始
  14:45~開会
  18:00~懇親会(任意参加)
  20:00~解散
   ※時間は変更になる場合があります。

開催場所

江の島ヨットハーバー内 ヨットハウス
(〒251-0036 神奈川県藤沢市江の島1-12-2)
 

サミット内容

【サミットプロポーザル】

『これからの市民マラソン大会への提言』
登壇者:坂本  雄次 ランニングプロデューサー
 

【前半テーマ】:『大会づくりを語ろう』①

マラソン大会での、給水・給食やコース上での応援、催し企画はランナーの楽しみです。
「開催ご当地のいちおしの味」とは?
「完走を助けるコース上応援」とは?
また、どんなものを、どれだけサービスしているかなど。
その他、事務局が行っている「裏の取り組み」を語りましょう!
 

【後半テーマ】:『大会づくりを語ろう』②

全国のマラソンには、いろんな参加形態があります。種目は「フルマラソン」から「ファンラン」まで多種多様です。エントリー枠では、「地元枠」「女性枠」「エリート枠」等。
企画枠では「チャリティ枠」や「トレーニングセット枠」等。
ユニークな枠では「ボランティア経験枠」「連続落選者枠」等。
こんな種目、こんな枠が人気、こんなニース・課題があったなど、大会の工夫と想いを語りましょう!
 

第6回市民マラソンサミット参加者

大会事務局(順不同)

ちばアクアラインマラソン、東京マラソン、つくばマラソン、
奈良マラソン、横浜マラソン、函館マラソン、いびがわマラソン
計7団体
 

 
GARMIN
大樹生命
日立システムズ
ALL SPORTS community
RANTEC
LUSCA
ALSOK
JA湘南
NIPPN