メイン

エコ・フレンドシップ

エコ・フレンドシップとは?

エコ・フレンドシップとは? エコ・フレ電算室 エコ・フレひろば ペットボトルキャップ速報

湘南国際マラソンは、
「環境にやさしい大会づくり」「環境に対する気持ちを育てる大会づくり」を
めざしています。

環境にやさしい大会づくり

収集されたごみを分別 「環境にやさしい大会づくり」への取組みには、資源分別活動、運営に係る乗り物工夫、運営に係る商品工夫などの項目があります。
 エコ・フレンドシップ活動メンバーが主となって、行った大会会場内資源分別のほか、エコ・フレンドシップ商品メンバーによる運営の乗り物や商品による環境負荷軽減、大会プログラムの印刷電力の一部をグリーン電力で対応するなどの取組みを行っています。

環境に対する気持ちを育てる大会づくり

 湘南国際マラソンでは「環境に対する気持ちを育てる大会づくり」を推進しています。エコに関する様々なノウハウを持ち、環境を守りたいと強く願う企業・団体によって構成された「エコ・フレンドシップ」を主体に、会場内で様々なエコの取り組みを行っています。具体的には、会場内にエコに関するブース(エコ・フレンドシップブース)を展開し、ブースに訪れた人が環境に関するワークショップなどを体験することにより、エコに対する気持ちの醸成を目指しています。以下に、主な展開内容を紹介しましょう。

 エコ・フレンドシップブースの一つの目玉として「エコクイズ」があります。メンバー各社持ち回りによるエコクイズステージは全8回実施。環境に詳しくなれるクイズが出題され、正解者には景品が贈呈されます!また、エコクイズのお隣では環境を守りたくなる工作「エコクラフト」を実施。資源を再利用する工作や、大磯にある自然物を使った工作が体験できます。そして、お隣の資源分別ステーションには、ペットボトルのキャップがリサイクルの過程で粉砕されていくのを目の当たりにできる「ふんさいザウルス体験コーナー」もあります。さらに、サテライトのエコ・フレンドシップブース(日立システムズのブース)では環境のことが学べる楽しいゲームが体験できます。

 エコ・フレンドシップ推進リーダーのアズビル株式会社が運営する「エコカフェ」では、自社が設定した「エコ宣言」をしてくれた方全員にもれなくは飲み物をサービスしています。「エコ」に関する決められた項目の「宣言」を向こう1年間実践することにより削減されるCO2の量を計算します。集まった宣言数をエコライフ効果数値としてとらえ、環境啓発効果とみなしています。

エコ・フレンドシップ エコ・フレンドシップ

環境負荷分析で、大会のエコ効果をはかる

 エコ・フレンドシップでは、環境負荷の軽減状況を、定量把握することにもつとめています。
 湘南国際マラソンの舞台は、リゾート地としても知られる湘南海岸。海岸線の美しい景観を守ってゆくことも大会の使命であると考えます。「エコ・フレンドシップ」の活動を通じて、大会そのものの環境負荷軽減だけでなく、会場を訪れた方に、「エコ」の気持ちが芽生えるような大会づくりにつとめてまいります。
 さらに、第6回大会ではカーボンオフセットを導入し、結果として大会で排出した54t分のCO2をオフセットいたしました。

エコ・フレ電算室

エコ・フレンドシップとは? エコ・フレ電算室 エコ・フレひろば ペットボトルキャップ速報

第6回大会 環境負荷分析〜CO2削減効果の考察
〜紙媒体のWEB化で、前大会より3倍のCO2削減効果〜
 各企業と大会運営スタッフ、大会参加者の協力により、第6回湘南国際マラソンの大会運営によるCO2排出量は、約54トンという結果になりました。 その後、エコ・フレンドシップ推進リーダーであるアズビル株式会社の所持するクレジットにより、全量をカーボンオフセット。カーボンニュートラルを実現しました。また、CO2削減効果は、約18トン。第5回大会と比較すると3倍の削減効果が得られました。なかでも、大会完走者の記録集作成と大会プログラムに掲載してきた参加者名簿を、紙媒体からWEBに切り替えたことが、大きく効果をもたらしました。(下記図表)

削減効果量

資料:アズビル株式会社      


 また、今年は、さらなる削減をめざして、主に以下にとりくみます。
.リジナル・荷物袋(エコ袋)を、完全リサイクル!
大会参加者の方々には、当日レース中の荷物袋(エコ袋)を お配りしています。この袋は、自治体などで実際使われて いたペットボトル回収ボックス用の袋を回収してつくられました。 大会当日朝、参加者のみなさんは、この袋に荷物を入れ、 荷物置場に持ち込みます。
レース後、荷物を受け取った後、後利用がない場合は、 荷物置き場の専用回収ボックスに入れてもらいます。 ここで集めた袋は、今年からリサイクルが叶うことになりました。 仮に全袋の8割を回収した場合には、 約787圓裡達2削減効果が見込めます。
オリジナル・荷物袋(エコ袋)


▲廛薀好船奪は、「容プラ」「ダメプラ」の分別を!
今大会から、プラスチックのうち、リサイクルできるもの (容プラ)を、リサイクルできないもの(ダメプラ)と分別 することになりました。容器や袋にあるプラマークが容プラの目印です。 各自治体でも「容プラ」「ダメプラ」の分別規定を設ける ところが増えてきています。分別は、右記マークの有無が基準になります。 みなさん、ご協力、よろしくお願いいたします。


プラマーク

みんなのエコ意識を、エコライフ効果に!
アズビル株式会社のエコカフェでは「エコ宣言」をした方全員に、飲み物を提供しています。「エコ宣言」とは、エコに関する決められた項目の「宣言」をこれからの1年間実践することによって削減されるCO2の量を計算し、集まった宣言数をエコライフ効果と数値としてとらえ、環境啓発効果とみなす試みです。具体的内容としては、下記の3つの宣言となります。

・「電気をムダに使いません!」
 (実践した場合、年間で合計54.3KgのCO2削減/1宣言)
・「マイ水筒を持ちます!」
 (実践した場合、年間で合計22.4KgのCO2削減/1宣言)
・「資源はしっかり分別します!」
 (実践した場合、年間で合計58.5KgのCO2削減/1宣言)
  ※詳しい数字の算出は、自社独自の計算方法による。

第6回大会では、6,705名がエコカフェに訪れ、合計10,161 宣言が集まりました。つまり、年間のCO2削減効果は386トン!この数字は第6回大会のCO2排出量(54トン)の7倍以上となります。あくまでバーチャル上の数値ではありますが、一人一人がエコに関するちょっとした実践をすることにより、大きな効果を生むことが分かります。
そんな気づきを与える「エコカフェ」を第7回大会でも展開します!みなさま、ぜひご参加ください!
エコ宣言

【エコ・フレンドシップ】第7回大会のテーマ

エコ・フレンドシップとは? エコ・フレ電算室 エコ・フレひろば ペットボトルキャップ速報

エコ・フレンドドシップ、今年のスローガン
 そして、第7回大会。今回、新たにスローガンを設定しました。

「湘南を、みんなで美しい大会に」

我々「エコ・フレンドシップ」の活動を、大会にかかわるすべての方々に知らせたい。 ともに「エコ」の気持ちで美しく気持ちよい大会づくりをしたい。そんな思いで、今、本番に向かっています。
  今年も、エコ・フレンドシップメンバーは、6社総勢200名で資源分別活動にとりくみます。 みなさん、湘南を美しい大会にしていくために、ご協力お願いいたします。

湘南を、みんなで美しい大会に

エコ・フレひろば

エコ・フレンドシップとは? エコ・フレ電算室 エコ・フレひろば ペットボトルキャップ速報

推進リーダー
azbil 株式会社 山武

活動メンバー
日立システムズ 協栄産業株式会社 トップツアー
株式会社湘南貿易 リコージャパン株式会社

商品メンバー
神奈川トヨタ 横浜トヨペット トヨタカローラ横浜 トヨタカローラ神奈川
ネッツトヨタ横浜 ネッツトヨタ神奈川 ネッツトヨタ湘南
株式会社コバヤシ 株式会社ミヤザワ

ロゴマークについて

エコ・フレンドシップロゴ エコ・フレンドシップのロゴマークは、【海】から【2つの芽】が支えあって育つ姿を表現しています。

 海は、【湘南国際マラソンの舞台となる"海岸"】を意味します。この海から空にのびる2つの芽は、【みんなの"環境を大切にする思い"】を表しています。
 "海から植物が芽生える"という、およそありえない現象を、湘南国際マラソンでのエコ・フレンドシップ活動が可能にしています。さらに、その活動は、マラソンのコースから遠く世界にまでのびるという理想を、矢印が示しています。

ペットボトルキャップ今年も集めてます!

エコ・フレンドシップとは? エコ・フレ電算室 エコ・フレひろば ペットボトルキャップ速報

 エコ・フレンドシップメンバー企業の社内や、大会事務局では、飲み終わったペットボトルキャップを集めています。キャップ回収は大会期間中の会場、コースでも行い、今年12月に、最終報告をします。キャップを集めることで、資源リサイクルが叶うのはもちろん、世界の子どもへのワクチン提供にもつながります。参加ランナーのみなさん、ボランティアの皆さん、そして地域のみなさん、ご協力おねがいいたします。

ペットボトルのキャップを集めよう


昨年のキャップ回収結果はこちら・・・
http://www.shonan-kokusai.jp/6th/archives/2012/02/21-160407.html
(第6回湘南国際マラソンHP ニュース)
特別協賛
株式会社 ニューバランス ジャパン

協賛
アズビル株式会社
サントリー食品インターナショナル株式会社
湘南ステーションビルラスカ
スント
株式会社日立システムズ

応援スポンサー
エコフレンドシップ

オフィシャルグッズ

Copyright © 7th Shonan International Marathon. All Rights Reserved.

このサイトの運営・管理は株式会社ランナーズ・ウェルネスがおこなっています。当サイト内の画像・テキストなどの無断転載、使用を禁じます。